スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課金武器の考察

CSO Tips第一回
CSOから登場した課金アイテムをゲーム内クレジットで換算してみたいと思います。

NEXONポイントで直接ゲーム内クレジットを得る方法として、
スキン+クレジットのセットを購入する事が挙げられます。
このアイテムの価格は以下の通りです。

A)スキン+50000クレジット:300NEXON
B)スキン+90000クレジット:500NEXON
スキン自体にメリットが無ければスキン価格を無視しても構いませんが、
実際はAはexp money +10%の効果、Bにはexp money +20%の効果が存在しているので
計算の簡素化も兼ねて、Aのスキンを50NEXON Bのスキンを100NEXONと仮定してみましょう。
ここから以下のレートが導かれます。

50000(90000)クレジット⇔250(400)NEXON
1NEXON⇔200(225)クレジット

双方の大体の間をとって、1NEXON⇔210クレジット

以上の結果を用いて、課金専用アイテムをゲーム内クレジット換算すると以下のようになります。

Anaconda: 100NEXON = 21000クレジット
TRG: 160NEXON = 33600クレジット
SL8: 200NEXON = 42000クレジット
Winchester: 290NEXON = 60900クレジット

クレジット換算すると、どれも高価ですね。
SL8,Winchesterに関しては独特の性能を持っており、競合武器が無い状態なので
百歩譲ってこれらの価格は適正値であると言えるかもしれませんが、
AnacondaやTRGに関しては、ほぼ性能が変わらないDEが7500クレジット、
awpが10000クレジットで購入出来てしまう現状を考えれば、
課金武器は恐ろしくコストパフォーマンスが悪いと言わざるを得ません。

NEXONポイントのご利用は計画的に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

clan_turi

Author:clan_turi
Counter-Strike Clan turi

info:
[negitaku]
[match results]

IRC(friend chat):#turi_cs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。