スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Megasoma ちょっとしたレビュー その1

Razerがメール会員(?)向けの送料無料キャンペーンをやっていたので、新作マウスパッドのMegasomaを買ってみました。本当は布パッドのGoliathusを買う予定だったのですが、前回の送料無料キャンペーンで購入した激安マウスパッド(パッドというかシート)のSphexが超がつくほど地雷だったのと、元々安いだけあって為替レート的に代理店版と大差ない事に気づいたので、思い切って高い奴をポチってしまった次第です。価格は$49.99、購入当時のレートを適用すれば大体4700円で、代理店版がほぼ7000円である事を考えればずいぶんお得な買い物をしたと思います。

届いてビックリしたのがパッケージ。(↓)
100124_1829~01
中に高級酒でも入ってるんじゃないかって感じの化粧箱ですね。
開けてみるとこんな感じ。
100124_1826~01
更にプラスチックケースの中に恭しくマウスパッドが収められています。
世の中がエコ一辺倒になっている中でこの過剰包装とは、Razerの中の人は相当の強者です。
これを買った多くの人は、簡易包装で良いから後$10安くしろと思っているに違いありません。

以前使っていた、初代ARTISAN(中サイズ)と大きさ比較してみました。
100124_1823~01
ケータイで撮ったのでちょっと分かりづらいかもしれませんが、横は若干Megasomaの方が大きめな一方で縦は約2割程小さくなっています。ARTISANが4:3だとしたら、Megasomaは16:9って感じです。

さて肝心の使用感ですが、airpadと同じシリコン製であるものの表面はかなりザラついていて、airpad特有とも言えた不気味な程の滑らかさはありません。滑り具合はプラと布の中間で、止めたい所にピタっと止まってくれる感触です。既存の商品の中では、使い込んで表面がツルツルになる前のSteelpad5Lに近い感じがします。

表面のザラザラ感のせいか、マウスを動かした時の音は結構大きめです。特に普段ソールをつけている人は注意して欲しいのですが、マウスを動かすだけで、明らかに削れてるだろってぐらい音(流石にゴリゴリって程では無いけど、ジョリジョリに近い音)がします。手元にあったソール2種(airpad、zowie)との相性は最悪で、ソールを付けない方がよく滑ったぐらい。ソールに関しては純正品の発売を待つのが良いようです。


とりあえず3日間使ってみて感じた事は以上です。
次回はもうちょっと使ってから書きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

clan_turi

Author:clan_turi
Counter-Strike Clan turi

info:
[negitaku]
[match results]

IRC(friend chat):#turi_cs

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。